お問合せ

メールでのお問合せ

メールで診察時間や、病気のことなど動物に関するお悩み・疑問・質問を受け付けております。
お気軽にお問合せ下さい。
尚、下記に「よくあるご質問Q&A」を表記してありますのでご参照下さい。

メール   左記アイコンをクリックして下さい。

※ メールでのお問合せは返答が遅れることがございますので、緊急を要するご質問はお電話にてお願いします。



お電話などのお問合せ


お電話でのお問合せは下記の電話番号でお願いします。

     〒508-0045
     岐阜県中津川市かやの木町3-5
    原動物病院
    TEL:0573-65-4632


よくあるご質問Q&A


Q狂犬病の予防注射はなぜ必要ですか?

A狂犬病は、人を含むほとんどすべての哺乳動物に感染する伝染病です。
人が感染発病した場合の死亡率は、ほぼ100%と言われ、全世界で年間5万人ほどの人が亡くなっています。
日本国内では、昭和32年(1957年)以降患者の発生が見られませんが、世界中これほど蔓延している状況の中で、また人や動物の海外交流、移動が盛んな今日において日本国内にいつ狂犬病が侵入してきても不思議ではありません。
狂犬病は一度侵入し流行してしまうと、撲滅のために膨大な費用と時間が必要となり、多くの命が犠牲になります。
万が一の侵入に備え、発生のない日本でも予防が必要なのです。


Q子犬、子猫の予防接種について教えてください。

A子犬の場合、生後50~60日の初回混合ワクチン接種から3~4週間間隔で2回以上の接種が必要です。
犬はそれ以降、1年に1回の追加接種を行いますが、飼育環境、年齢等によって異なることもあります。

子猫は6~8週齢以降に初回ワクチンを接種後、2~4週間間隔で16週齢(生後4か月)を過ぎるまで数回接種します。
その後生後6か月から1歳齢の間に1回追加接種を行った後、3年に1度の予防サイクルに入ります。毎年接種する必要はありません。

子犬の場合、狂犬病のワクチンが生後91日以上で義務付けられています。混合ワクチン接種後4週間以上の間隔を持って接種してください。
尚、予防接種終了後にアナフィラキシー等の重篤な副反応の事故を最小限にとどめるため、院内で15~30分の観察を行います。


Q犬フィラリア感染経路は?

Aフィラリアのライフサイクルを説明します。
フィラリアの感染は蚊が媒介します。
フィラリアに感染している犬から蚊が吸血する時、ミクロフィラリアと呼ばれるフィラリアの幼虫を血液と一緒に吸い込みます。
この幼虫は蚊の体内で約2週間かけて感染能力を持つ幼虫へと成長し、蚊の針先まで移動します。そして蚊が吸血する時、その針穴から犬の体内に侵入します。
1匹の蚊で多い場合は10匹近い感染幼虫が侵入します。
7~10日後、感染幼虫は、体内移行幼虫へと成長します。成長した移行幼虫は約1ヶ月間、血管を目指して深く侵入し更に成長を続けます。
そして3~4ヶ月後には血管に侵入し血液の流れに乗り心臓・肺動脈へ移行します。
心臓・肺動脈へ移行した幼虫は急激に成長し成虫となります。
成虫になったメスは、ミクロフィラリアを生み出します。


Q診察の予約は必要ですか?

A予約は必要ありません。ご来院頂いた順番になります。
診療内容により順番が前後する場合がありますのでご了承下さい。


Q往診はしてもらえますか?

A12:00~15:00の間が手術、往診の時間となっております。
診療内容によっては往診できない場合がありますので、電話にてご相談下さい。


Q支払いはクレジットカードの使用ができますか?

A次のカードがご使用いただけます。
VISA、JCB、アメックス、マスターカード、ダイナース、ディスカバー


Qペット保険は対応していますか?

Aどうぶつ健保対応医療機関です。受付時にお申し出ください。
アニコム損害保険株式会社、アイペット損害保険株式会社

アニコム損害保険株式会社 アイペットペット保険対応動物病院
カレンダー

お問合せ下さい

アリエル

予防注射

子犬・子猫

蚊

イヌ

ページのトップへ